0歳児と尿路感染症、腎臓の検査で日帰り入院【準備万端で挑もう】

2回の尿路感染症を経て・・・

2回とも重度の感染だった為、2週間の入院となりました。

『2回も感染を起こしたから、一度専門医に診てもらって、手術した方がいいか相談してきてください。』と、言われてしまいました。

今回は、専門医の診察と、腎シンチグラムの検査について…退院後の経緯をお伝えします。

泌尿器科専門の小児科医のもとへ

岡崎市民病院には、小児科も泌尿器科もありますが、泌尿器科専門の小児科の先生がいません。

車で1時間かけて、愛知県大府市にある【あいち小児医療総合センター】へ診察に向かいました。

あいち小児医療総合センターは、愛知県唯一の子ども専門の総合病院です。
子ども専門というだけあり、病院内は各所にキッズスペース的な遊び場があります。
外来診療を受けるには、完全紹介予約制になっていますので、事前予約が必要です。
公式ホームページはこちら

今までの経緯など、紹介状を持参
CDROMを読み込ませるのも自分で。
今時はこんな風にするんですね。

実は次男も一時期通っていた病院ですが、三男は初めて。
問診票がとても書くことが多くて、30分近くかかりました…ものすごく細かい…
初診の場合、予約時間より30分程早く行くことをお勧めします!

書くと言ってもタブレット。
今時はこんな風になってるんですね…(2回目)

まずは尿検査。
思ったよりすぐ取れて、スムーズに診察へ。
予約通りに、待ち時間はほとんどありませんでした。

今までの経緯を確認しつつ、診察。

この子の逆流度合いで、2回も発熱するのは珍しいね。との事。
逆流レベル3だと、2回もならないものらしいです。
しかも毎回血液まで感染してるとは、かなり重症な方だよ。と…

やっぱり、繰り返すのは良くないとの見解

『この子の逆流度合いであれば、自然に治るパターンが多くて手術する程じゃないけど、あまり重度の感染を繰り返すのは良くないから、3回目の尿路感染が発症した場合は否応なしに手術しましょう
『このまま感染することがなければ、今の腎臓の状態を検査して、ダメージが少なければ、2歳頃まで自然に逆流が治るのを待ちましょうか。

この2点を言われました。

3回目がなければ、手術無しに、治るのを待てるかもしれない。
そのまま治れば、本人に一番負担もなくて良い方法だと思いました。

正直、手術は本人に結構な負担があるもののようで(ネット検索情報)、しなくていいならそれが一番だと思っていました。

しかし、手術するなら私の育休中がいいし…と色々考えていましたが、手術しない選択肢が一番!
しばらく、今の予防用飲み薬を続けつつ、再発をしない事を祈り、腎臓の検査に挑むことになりました。

『再発するようなら、腎臓の検査まで行けないかもね…』とポロッと言われ、不吉なこと言わないで!と内心叫びました…(笑)

腎臓のダメージを検査!【腎シンチグラム】

診察から2か月が経ち、いよいよ腎臓のダメージを見る検査【腎シンチグラム】を行う日がやってきました!
この日を無事迎えられて、本当に良かった…先生が不吉な事を言うもんだから…

前回の尿路感染からは、約2か月半
今回行う検査は、感染が収まってからしばらく期間を空けないと正確な結果が出せないとの事で、待ちました。

検査自体は1時間程のものですが、子どもなので日帰り入院した上での大掛かりなものになりました。
しかも、検査がスムーズにいかない場合は、お泊まりもありますよ、と脅されていたので、お泊まりセット持参で、泊まる気満々で家を出ました。

f:id:mitukabee:20200903053015j:image

今回の検査は、岡崎市民病院で行いました。

朝9時前に入院の手続き。
病室へ案内され、早速尿検査と点滴の準備。
そして検査の為の薬を事前に飲ませました。

この薬(ラジオアイソトープ)を飲むと、撮影した時に悪い部分が色が変わって見えたりするようです。

検査は、1時間ほど微動だにしてはいけないので、子どもの場合は寝た状態で行います

それが中々大変!!

検査の1時間前にタイミングを取り、軽めの睡眠薬を飲ませます。
これで眠らなければ、強めの睡眠薬を点滴から入れます
強めの睡眠薬を使う場合は、検査後にしばらく様子を見てもらわないといけなくなるので、お泊まりコースです…

何としても、お泊まりは避けたい!
その気持ちで、今朝は午前中に眠くなるようにY君を早めに起こしていました

弱目の睡眠薬を飲ませる予定の30分前、Y君は急激に眠くなりました。
機嫌も最悪で、少し抱っこすると、1、2分で眠りに落ちる勢い。
しかし、睡眠薬で眠らないと、検査中に起きる可能性があるので、飲ませるまでは寝かさないでと言われ。

30分間、眠いのに起こされ、泣くと煩いので抱っこし、寝そうになると起こされを繰り返す事にまあまあな地獄タイム…

同じ病室だった方には、ものすごく迷惑だったことでしょう...

やっと睡眠薬を飲ませる時間になり、ゴクゴクと飲んで、速攻で眠りに落ちました。
一番の仕事をやり切った達成感!(笑)

ぐっすり眠った状態で、ゆっくり検査室へ移動。
機械の上に寝かせて、いざ撮影開始

40〜50分かかるので、少しコンビニに行ったり、僅かなひと時を自由に過ごしました。
その間、本人はぐっすり…

50分経つ頃、先生の『終わりました』の声と同時に、ゴソゴソと動き出したY君。
ちょうど良かった〜!

病室に帰って、後は覚醒を待つのみ。
一度は目を開けて動いていたY君ですが、病室に戻るとすぐにまた寝てしまいました。

これからが長かった…2時間以上ひたすら寝る

3時間近く経った頃、ようやくゴソゴソしだしました。
やっぱり睡眠薬は効きますね。
検査前に寝てから、トータルで4時間ほど寝ました

起きてから、看護師さんとお茶を飲ませて、ちゃんと飲めればオッケーです。
退院手続きを待つ間、食パンを食べながら待ちました。

16時頃、無事に退院
朝9時から1日がかりの検査でした。

検査結果は1週間後に聞きに行きます。
その結果を持って、再度あいち小児の診察を受けに行きます。

そこで、今後の治療方針を決めていきます。

良い検査結果を見られることを祈って・・・

【尿路感染症について、過去の記事はこちら】

0歳児と尿路感染症、その原因と初めの症状【違和感を察知してあげよう】

0歳児と尿路感染症、小児科受診からの総合病院へ入院【素早い行動が大切です】

0歳児と尿路感染症、2週間の入院生活【解熱治療と原因究明】

0歳児と尿路感染症、退院とその後の治療【予防はしっかり!】

0歳児と尿路感染症、2度目の入院生活【コロナ禍の病院】

コメント

タイトルとURLをコピーしました